家の模型とウーマン

サブリースで簡単申告|手間を省くことができる

始めやすく続けやすい投資

マンション

中古物件購入は注意が必要

マンション投資には様々なメリットがあり、今では人気の投資として多くの人が行っていますが、行うにあたり注意すべきところがないわけではありません。マンション投資の注意点としてまず初めに挙げたいのが中古物件を購入する場合です。中古物件の中には設備に不具合を抱えていたり、内装が汚れたままになっていたりする物件もあります。そうした設備や内装の修繕費用が高額になってしまう場合もありますので、中古物件を購入する際には購入金額だけでなく、修繕費用のことも計算して、自分の条件に合った物件を選び購入することが大切です。また、逆に中古ながらも設備や内装の修繕がほとんど必要としない状態の良い物件も多数ありますので、中古物件を探す際にはよくよく費用について考える必要があります。

ローンを組んで始められる

マンション投資は、マンションの一室、または丸ごと一棟を購入して始めることから、初期費用がとても多くかかるといった印象をお持ちの方も多いでしょう。ですが実は、マンション投資はローンを組み始めることが出来るため初期費用はそれほどかかりません。そして、物件を購入し始めた後も家賃収入でローン返済が可能なので、自身の資金を減らさずに続けていくことが出来ます。こうした初期費用の少なさや自己資金を使わずに継続していけるメリットがあるため、それほど多くの資金を用意することが出来ないという若い世代の間でも、マンション投資は人気となっています。また、ローン完済後は土地も自身の財産となりますので、建物が経年劣化により価値を失っても土地は資産として残ります。